感動の山 丹沢主脈縦走
 恒例になった年末の丹沢登山、新雪の純白な登山道と霧氷や展望、穏やかな天気に恵まれて丹沢主脈の縦走で感動!感動の山歩きが出来た。

写真は朝日を浴びる塔ノ岳山頂からの富士山。
2013年12月21日〜22日

ルート平面図 拡大

ルート断面図 拡大

  大倉7:55→二又(小丸尾根登山口)9:12→小丸分岐12:10→金冷やし13:10→塔ノ岳13:50(泊)7:10→竜ケ馬場8:15→丹沢山8:45→不動の峰10:10→棚沢ノ頭10:24→鬼が岩10:47→蛭が岳11:30〜12:00→原小屋平13:25→姫次13:50→焼山15:19→焼山登山口林道16:18→焼山登山口バス停16:30

 恒例になった年末の丹沢登山、今回は未踏の小丸尾根から登る。大倉バス停から二又まで林道を約一時間歩き二又から小丸尾根に取り掛かる。林道を歩いて行く登山者を数名見かけたが何れも後沢乗越から鍋割山に行くようだ。小丸尾根は尾根筋の明るい登山道で危険な所もなく静かな山歩きが出来る。登るに連れて足下が白くなり富士山の頭が見えて来る頃には10Cm程の積雪になり小丸分岐(稜線)に出ると30〜50Cmの積雪になる。19日〜20日に渡って降った純白の新雪がとても気持ち良い。
大倉バス停を出発 小丸尾根登山口(二又) 尾根筋の休憩ポイント

 小丸分岐(稜線)では鍋割山を行き交う登山者が多くなる。稜線から脇に入って展望の良い所で軽い昼食を済ませてから大丸を越えて金冷やしで大倉尾根(メインルート)と合流して、登山者がさらに多くなる。此処でアイゼンとスパッツを装備する。太陽光に乱反射して輝く霧氷のトンネルを塔ノ岳への最後の急登をゆっくり確実に登り詰めて標高1491mの山頂に辿り着く。    
小丸尾根を降る登山者 大丸を通過して 塔ノ岳直下の霧氷のトンネル

 昨年は強風と小雪が舞う中、丹沢山(みやま山荘)まで行ったが今日は此処、塔が岳の尊仏山荘泊りで時間が十分あり、宿泊手続きを済ませて部屋で一時間ほど横になり休憩。夕食の宴までは移り行く山頂の景色を十二分に楽しめる。
塔ノ岳山頂 1491m 雪雲が移動して青空が広がる 夕日の塔ノ岳山頂

 茜色の空が次第に暗くなり街の灯りが輝き始める頃、山小屋では宴会が、鍋の香りが漂う中、山談義に花が咲く。毎年この時期に登って来る4人グループ、静岡から来られた健脚な2名の男性、昨年は丹沢で今回は塔ノ岳と私と3年連続同じで所で泊の東京から来ているグループ等〜近親感を覚える楽しい宴になる。今夜の寝床はゆったりスペースで少々雑音もあったがシュラフに潜り込んで休息できる。
街の灯りが輝く頃 山小屋では〜 鍋の香りが漂う自炊場 尽きる事が無い山談義

 22日、本日も好天気になりそうだ。昨夜は星空や夜景も見えて寝床の窓越しに月明かりまで見える。6:48分日の出を見てから朝食にして本日の行動に備える。少々食べ過ぎて体が重い感じがする。
日の出を眺める 塔ノ岳山頂 1491m 江の島の後方から日の出 山頂が赤みかかる富士山

 アイゼンとスパッツを装備して、予定どうり7:10分蛭が岳を目指す。霧氷と足元の純白な新雪の登山道を降って行く。無線機の準備をするとタイミング良く昨日と同様にフレンド局のOAO局と交信できる。日高を越して竜が馬場のピークを越して丹沢山の登りに取り掛かり息を弾ませて昨年お世話になったみやま山荘がある丹沢山に出る。
これから出発する塔ノ岳山頂で アイゼンとスパッツを装備 竜が馬場の休憩テーブル

 昨年は霧氷が綺麗に見えたが今年は純白の新雪と青空が非常に気持ちよい。昨年お世話になった、みやま山荘によって「おかみ」さんにご挨拶して少々話を交わしてくる。再び丹沢山を急降下して丹沢第二の標高の不動に峰目指して登り返す。東京から来られたグループの男女二人の方と蛭が岳まで前後して同行させて頂き写真を撮って頂いたりする。不動の峰手前の休憩舎で小休止ミカンで喉を潤す。
昨年泊まった丹沢山1567m トレースを辿り不動の峰を目指す 不動の峰を通過1614m

 不動の峰を越して棚沢の頭を越えて鬼が岩の所で急斜面を降る前に一息入れて記念撮影。富士山の展望、蛭が岳から左手に大室山、檜洞丸が目前に見える。距離は僅かだが急斜面なので慎重に下る、鎖があるが雪に埋もれて隠れている。降った所で静岡から来られた健脚の男性2名が蛭が岳から引き返して来た。檜洞丸に行く予定だがトレースが無いので諦めたと言って行き交う。
鬼が岩からの富士山の眺め 鬼が岩の急斜面の下り 蛭が岳山頂近し(丹沢の最高峰)

 丹沢山塊の最高峰、蛭が岳山頂が目前に迫る。苦しくて重い足取りで標高1673mの山頂に辿り着く。山頂は360度の大展望で苦しさも一気に吹き飛んでしまう。此処で15分ほど軽い昼食と塔が岳から前後して来られた方に記念写真を撮って頂いたりした後、12:00丁度、蛭が岳を後に長い急斜面を姫次目指して降って行く。
蛭が岳山頂1672m 休憩 昼食等の登山者 原小屋平

 急斜面を降り切ると明るい林の中の一筋の踏み跡を辿って地蔵平、原小屋平(以前小屋が営業している時立寄った記憶がある)を過ぎて展望の良い姫次に出る。5名ほど登山者が休憩している。此処で小休止していると蛭が岳の下りで行き交った方が引き返して来て姫次から焼山登山口手前まで道案内をして頂き予定どうり16:38発のバスにギリギリに間に合った。改めて横浜から来た方に感謝する。
姫次 富士山の眺めが良い 焼山山頂1060m 無事、焼山登山口に下山