感動の山 景信山 小仏城山
 昨日降った雪が枯れ木に雪の花を咲かせたトンネルを潜り、純白の新雪を踏締めての感動の山歩き。

           写真は積雪15センチの景信山
2015年2月6日

 ルート平面図

参考

地理院地図試験表示

ルート断面図 拡大

 小仏峠登山口P→ヤゴ沢→景信山→小仏峠→小仏城山→小仏峠→小仏峠登山口P

 昨日も山間部は雪となり丹沢山塊も一面白に変身。天気も良く幸い休みなので一日繰り上げて積雪を期待して景信山に向かう。本日は2年ぶりにHAさんが同行してくれて楽しく話しながらの山歩きとなる。
小仏峠登山口P 枯れ木に雪の花が満開 雪の花のトンネルを潜って

 小仏バス停先の林道終点まで行くと既に除雪車の作業が終わっていて先着の車が無し。日当たりの良い所に駐車して枯れ木に雪の花が咲いたトンネルを潜って行くが高い木の枝に積もった雪が時折陽光に当たり溶け始め、塊となって降ってくる。途中で首筋の後ろに直撃を受けてしまい雨用フードを被り山頂を目指す。
枯れ枝に雪の積雪 ヤゴ沢に沿って登る 植林帯の中の登り

 前回9月に歩いた時はジャコウソウ、ツリフネソウ、シモバシラの花が群生していた辺りでジャコウソウの花殻と雪に混ざりシモバシラの氷華も観る事が出来る。
ジャコウソウの花殻 氷華の残っている 氷華の残っている

 急斜面の植林帯の中をジグザグに登り頭上が明るく開けてきて景信山山頂直下の陣馬高尾縦走路に出る。此処で初めて一人の登山者の姿が見える。最後の急坂を登り詰めて景信山山頂に到着。15センチほどの積雪があり昨日降った新雪なので真っ白で気分は爽快。
景信山主登山道が目前に 景信山から丹沢山塊の眺め 富士山も良く見える

  てドロドロの登山道になるのでは、明日の土曜日ではなく今日来た事は幸いだ。山頂は我々の他に単独の方が3名登って来のみで非常に静かな雪の山頂の一時となる。
人影の無い景信山山頂 東京方面の展望 積雪15Cmの景信山山頂

 昼食も済み十分休憩も出来たので小仏峠を目指して降る事にする。陽当たりの良い斜面は雪が解けて流れ出しているが日影の所は程よく新雪が有りアイゼン無でも快適に歩ける
景信山山頂の標識 右 小仏城山 左 高尾山 小仏峠も雪景色

 当初は小仏峠から降る予定でいたが時間も早いので小仏城山まで往復する事にして積雪は少ないが新雪を踏締めて小仏城山迄行く。先週も同じくらい雪が降って小仏城山まで来たが本日の方が陽に溶けるのが早いのか地肌が見えて居る所が有り。
二段階のシモバシラ 小仏城山山頂 小仏城山山頂

 雲が多くなって来て鮮明度も落ちるが未だ富士山も良く見えているので満開の蝋梅の花と富士山の写真を撮ってから巻路を利用して小仏峠に戻り下山する。途中振り返ると枝から落ちる雪の粉に陽光が乱反射して輝く姿で本日の雪山登山の終わりとなる。
蝋梅と富士山 色々の形になった雪 逆光に輝くスノーダスト