感動の山 大坊山・大小山
 今年は二床山、大鳥屋山に続いて栃木の山の3座目の大小山を大坊山から周回してくる。低山だが岩場の登り降りが有りや展望もあり十分楽しめる。

             写真は妙義山(大小山)山頂
2015年12月23日
ルート平面図 拡大

ルート断面図 拡大

 大坊山登山口→大坊山→つつじ山→番屋休憩舎→越床峠→妙義山→大小山→やまゆり学園登山口→大坊山登山口

 今回もYさんの案内で栃木の大小山に行く。吉川駅7:30分集合で総勢5名で佐野方面に向かう。天気予報では降水確率50〜60%で雨を覚悟していたが、幸い薄日が射す天気で一安心できる。渋滞も無く順調に走れて大坊山登山口(大山祇神社)に9:45到着。
大坊山登山口の駐車場 大坊山登山口の案内標識 山腹を登り尾根筋に出る

 登山口には展望台休憩舎もあり関東平野が一望できる。佐野、足利、桐生方面の街並みが眼下に見えるが富士山など遠望は無し。神社脇の階段を登り尾根筋に出て緩やかに登ると展望の良い広場の有る大坊山山頂に出る。
展望の良い大坊山山頂に出る 長林寺への分岐点 鬼が岩?からの大坊山

 大坊山で小休止後つつじ山に向かい堆積岩の露出する尾根筋を降って行き左手に長林寺への分岐を通過して僅かに登って行くと、つつじ山の手製の標識の有るコブを通過する。シルバーコースと書かれた標識(右手の巻道)を見送り登り詰めた山頂直下には鉱山の採石場が有る。
岩山の尾根筋を登って行く 番屋の休憩所 山頂の番屋

 山頂を僅かに降った所に休憩舎と山頂の番屋が有り。休憩舎で昼食の準備をする。番屋の管理人からストーブもある番屋の方へのお誘いもあったが寒くはないので休憩舎でYさん特製の暖かい煮込みうどん美味しく頂き体も暖まる。
ツツジの花が咲く 無事帰る(蛙) 番屋の休憩舎で昼食(煮込みうどん) 越床峠に急降下

 昼食後は越床峠まで降る途中でシルバーコースと合流して番屋への巻路を過ぎて越床峠に出る。再び登りとなり堆積岩の露出する尾根筋を登って行く。
越床峠 振り返り見る番屋小屋 ツツジが満開?

 痩せ尾根に突き出た露岩を巻いたり越えたりしてP1259m、P2265m、P3282mを乗り越えて妙義山山頂313mに辿り着く13:30。地図ではこの山頂が大小山と表記されている。此処で暖かいコーヒー等で小休止。
3点接地で岩登り さらに岩登りが続く 本日の最高点妙義山標高313m

 山頂から露がの露出する急斜面を降って行くと尾根筋の一角に大小山282mの標識が有り地元の消防隊員が山岳救助の訓練をしている。
再び急降下 大小山山頂 消防隊員の訓練中

 大小山を下り左手の分岐(阿夫利神社登山口方面)へ入った所の見晴台から大小山の岩壁に取り付けられた大小の文字を見てから尾根筋に戻る。
大小山の壁面の大小の文字 再び岩の尾根筋を下り 振り返り見る 大小山と妙義山

 堆積岩の露岩も次第に消えて緩やかな尾根筋の道となり林の中に入って行き僅かに降ると、やまゆり学園の登山口に出る。平日はクッキーなど製作販売している事だが今日は休日で閉店している。
尾根筋をゆるやかに降って行く 明るい尾根筋から雑木林の中に入り やまゆり学園舎の有る登山口に出る

 長閑な里に出ると猪よけの柵を設置している。大坊登山口まで最短距離の道を選び最後の上り坂(車道)を上がり大坊登山口に戻る15:20。今回も佐野で名物のラーメンを試食してから帰路を辿る。
猪よ毛の金網を設置中の地元の人たち 子の権現石碑 無事駐車場に辿り着く