感動の山 尾瀬 アヤメ平
 百花繚乱の尾瀬。二日目はアヤメ平へ。昨日同様に曇り時々雨の天気だが雨で閉じる花は無く多くの花を見る事が出来る。

                 写真はショウキラン
2017年7月26〜28日

ルート平面図 拡大

ルート断面図 拡大

 鳩待峠→横田代→アヤメ平→富士見峠→見晴十字路泊

 2日目 本日も昨日と同様の天気。山荘から一旦駐車場に戻り車に積んだある食料等をクーラ―ボックスから出してザックに詰め込み登山準備。本日はアヤメ平を越えて見晴十字路まで行くので昨日よりは荷物も多くパッキングして行く。 
アヤメ平への登山口 鳩待峠 鳩待峠2.3K 富士見峠4K 横田代 1860m

 登山口から横田代の湿原までは樹林帯の中の路で至る所でギンリョウソウが目に入る。鳩待峠から尾瀬ヶ原に行く人は多い様だが此方のコースは殆ど人気が無く木道際の花を座り込んでゆっくり撮影できる。後程解った事だが尾瀬ヶ原では咲き終わった花も此処の湿原では未だ咲いている花が有る。標高が高いので開花時期が遅い様だ。
多くの花が見られる 意外と人が少ないコース アヤメ平 1969m

 横田代でゆっくり花撮影後アヤメ平に行くとエンジン音が聞こえてくる?...古くなって腐った木道の改修作業が行われている。天気の影響で写真でははっきり見えないが黄色のキンコウカが一面に広がっていて近くで良く見るとトキソウ、サワラン、ツルコケモモ等ピンク系の花が点々と咲いている。
富士見田代1890m 小休止 富士見小屋は閉館 富士見峠から見晴十字路へ

 富士見小屋手前(竜宮小屋への分岐点)の富士見田代にベンチが有り此処で小休止(軽い昼食)していると再び雨が降り出してくるなか30名ほどの団体さんが富士見小屋に向かって行く。休憩後富士見小屋に降って行くと先程の団体さんと行き交い既に閉館した富士見小屋に出る。林道が来ていて車が2台置いてある。アヤメ平の木道改修作業者たちの様だ。
昼場 1550m 八木沢橋を渡り見晴へ 見晴十字路のキャンプ場

 林道を150m程行った所が富士見峠で此処から左手の登山道を見晴十字路へ降って行く。今日の工程の丁度中間地点が富士見峠でこれから緩やかに長い登山道を降って行き八木沢橋を渡り尾瀬ヶ原の一角に入りキャンプ場を過ぎて本日の宿舎に到着。今日は雨が止んでいるので屋外のベンチで夕食会。
今夜の泊りは尾瀬小屋 早速 屋外で夕食会 暮れゆく尾瀬ヶ原


 今回見られた花等(50音順)
アリドオシラン イワカガミ イワオトギリソウ
イワショウブ エゾスズラン オオバノヨツバムグラ
オオバミゾホウズキ オオヤマサギソウ オノエラン
カツラ カラマツソウ キソチドリ
キンコウカ ギンリョウソウ ギョウジャニンニク
オオフガクスズムシ ケナツタムラソウ ケナツタムラソウ 白花
クルマムグラ ゴゼンタチバナ コンロンソウ
サワラン サンカヨウ シナノオトギリソウ
ショウキラン ショウジョウバカマ タニギキョウ
タテヤマリンドウ タテヤマリンドウ 白花 チングルマ
ツクバネソウ ツルアジサイ ツルコケモモ
テツカエデ テングノコズチ トキソウ
ニッコウキスゲ ネバリノギラン ノアザミ
ノギラン ハクサンチドリ ハリブキ
ハナニガナ ハナニガナ 白花 ヒカゲノカズラ
ヒメシャクナゲ ヒメヘビイチゴ ホソバキソチドリ
マルバダケブキ ミタケスゲ ミヤママタタビ
モウセンゴケ モミジカラマツ ヤグルマソウ
ヤマオダマキ ヤマキツネノボタン ルイヨウボタン