感動の山 奥高尾
 今年初の高尾山へ、11:15分発のケーブル利用で奥高尾から高尾林道を回ってくる。相変らず高尾山は多くの人で賑わっていた。

                   写真は紅葉台
2020年1月11日



ルート平面図


省略

ルート断面図 拡大

 霞台→薬王院→高尾山→紅葉台→学習の路→大平林道→高尾林道→6号路→高尾山口

 晴れたら高尾へと思っていたが空は暗い曇り空で高尾行きは止めにしたが次第に明るくなって来る。10時を過ぎてしまったが高尾へ向かう。11:15分のケーブルで今年初となる高尾山へ霞台から歩き始める。相変らず大勢の人で賑わう1号路から冨士道に入った所でKさんとお逢いして高尾山頂直下まで同行する。
ケーブル利用で霞台からスタート 賑わう 浄心門 高尾山 富士山は雲隠れ

 当初遅い出足で高尾山で引き返す予定でいたが天気も良くなって来た事で紅葉台で昼食と思っていったがベンチは何処も満員で一丁平を目指したが、途中で通行止めの学習の路の様子を見てから鉄塔下で遅い昼食にする。(2カ所崩落が有るが踏み跡が有り何とか通過できる。)
学習の路のコンクリート橋 崩落個所 1 崩落個所 2

 帰りは引き返す事も出来るがスミレの花を期待して大平林道から高尾林道へ向かう。今日も暖かく南の斜面の日当たりの良い所では期待どうり数か所でスミレの花が咲いていた。此処で花の写真を撮りに来たSさんとEさんつ行き交う。
鉄塔下で昼食 陽当たりの良い高尾林道 高尾林道
 大平林道では崩落の土砂が道路に流れていて車での通行は出来ないが歩くのには全く支障は無し高尾林道はコンクリートに改修されていたりして車も通行可能状態となっている。稲荷山コースを横切って6号路を降り花芽が見えてきたハナネコノメソウや未だ咲いているニリンソウを見ながら清滝に戻る。
稲荷山コースへの入口 高尾林道 花芽も見られるハナネコノメソウ タカオミュージアム599
 
タチツボスミレ エイザンスミレ タチツボスミレ
 
エイザンスミレ コスミレ ? クサイチゴ